本文へスキップ

【業務用:家庭用】強力消臭剤G-マック:シックハウスやVOC対策・タバコ臭・ペット臭・介護/トイレ/キッチン/車内の悪臭を強力に消臭!         


シックハウス症候群と化学物質過敏症の対策

<<シックハウス症候群・化学物質過敏症とはへ
シックハウス症候群・化学物質過敏症対策2へ>>

シックハウス症候群・化学物質過敏症の対策 1

◆プロが愛用する確かな品質。
強力消臭剤G−マック(G-MAQ)は,は,シックハウスの原因、ホルムアルデヒドなどの有害成分や悪臭の元を素早く、確実に除去。新築の家や家具、カーペット、新車の臭いを確実に消臭・浄化します。

 シックハウス症候群は、化学物質過敏症の1種です。充分な対策をとらないと、深刻な化学物質過敏症になる恐れがあります。

☆シックハウス症候群の予防や軽減には、窓開けと換気が基本となります。

現代の住まいはマンションや一戸建てを問わず、アルミサッシ窓によって気密性が非常に高く、化学物質などが蓄積しやすい環境にあります。

こうした室内環境を変えるためには、できるだけ窓開け(通風)と換気をすることが大切です。朝起きたら窓を開けて、換気扇を回す。帰宅した時も窓を開けて、換気扇を回す習慣をつけましょう。窓開けと換気扇の使用を両方一緒に行うことで、室内の換気を速くすることができます。

またエアコンをつけていると、空気が自然に入れ替わると思い違いをしている人が多いようですが、家庭用エアコンのほとんどは室内の空気を循環させるだけのタイプです。窓開けや換気をしないと、汚れた空気がたまっていくことになります。
 ☆香料自粛のお願い  香りは揮発した化学物質です!
電車やバスの中、隣の家などから来る柔軟剤の香りで体調不良を訴える患者が増えています。主な症状は、頭痛や吐き気、倦怠(けんたい)感など。化学物質に過敏な人の大半は、たばこ臭と香料に耐えられません。町中に溢れる芳香剤の香りのため、外出が困難になる方もいます。

柔軟剤や芳香剤には、多くの有害な化学物質が含まれ、長く残留するため、皮膚や鼻から吸収され、喘息やアトピーの原因になったり、化学物質過敏症を誘発する危険性があります。特にお子さんには危険です。

衣類用の柔軟剤の香りはアントラニル酸メチル、ジヒドロキシジメチル安息香酸メチルなど多種類の化学物質を組み合わせた人工香料でつけられています。
柔軟剤の主成分“陽イオン(カオチン)界面活性剤”は、界面活性剤の中で一番毒性が強く、致死量はグラム単位。強力なタンパク変成作用があり、洗濯後に衣類に残ることにより皮膚トラブルを起こしやすいです。
香料などの添加物がさらに毒性を強めています。
合成香料は、ほとんどが石油原料でアトピー、アレルギーの原因となります。鼻から吸収されると、直接、神経に影響を及ぼすことになりますが、その安全性については、ほとんどデーターがありません。うつ病、不眠症、ホルモン異常など、神経系統に深刻な影響を及ぼすという説もあります。又一部の香料には発がん性が指摘されているものもあります。

たばこの臭いも、吸う人には快いが、非常につらく感じる人も多いように、柔軟剤の香料も同じだと考えて欲しいです。心地良く使っているその香りで、病気になる危険がある事を意識して頂きたいと思います。

●建材や家具が原因の場合


ホルムアルデヒドやVOCの放散が深刻な場合

●発生源を覆い封じ込める。(緊急対策として、しっかりしたアルミシート、ビニールシートでとりあえず放散を抑えるのも有効です。アルミ箔を使う場合、合わせ目は接着剤を使わずホッチキスで止めてください。)

●汚染物質を強制揮発させる。
ベークアウト法
室内を締めきり、温度と湿度を上げて有害化学物質の揮発を促進した後、換気することにより有害物質を除去する方法。 しかし、最近では思ったほど効果がでないという報告もあります。
(理由:・使用されている化学物質の量が規制により昔に比べて減ったため、大幅な効果が見込めない可能性がある。
・高温多湿により、家具や部屋の素材(建材)が痛む可能性がある。
・ベイクアウトを行っていない通常の室温でも、ベイクアウト前に比べ化学物質が揮発しやすくなる可能性がある。
●化学物質が出ないような健康リフォームをする。

強力消臭剤G-マックを使った消臭
活性炭に反応を起してしまう方でも、安心して使えます。
シックハウスの原因、ホルムアルデヒドなどのVOC(有害揮発性物質)の浄化・消臭。
臭いをごまかすのではなく、化学反応によって、ホルムアルデヒドなどの有害成分を無害な成分に変えて除去します。
室内のタバコの臭い、ペットの臭い、生ゴミの臭い、介護の臭い、加齢臭などの体臭などのいやな臭いを強力に消臭します。
G-マックスプレーを発生源にまんべんなくスプレーしたあと、カーテンや部屋全体にもスプレーし、拡散したVOCを吸着・分解。その後も完全に臭いがでなくなるまで、G-マックゲルを数箇所に配置してください。特に食器棚、押入れ、クローゼット、下駄箱等の密閉空間で効果的です。(スプレーは一度に大量に撒くより、こまめにスプレーした方が効果的です。)


●白蟻駆除剤が原因となっている場合

白アリ駆除剤によるシックハウス被害のほとんどが、床下の白アリ駆除剤によるものとされています。しかし、白アリ駆除剤が床下の土壌に使用されている場合などは、簡単に除去できません。化学物質の放出を防ぐことで対処します。

かつて白アリ駆除剤として使用されていた有毒なクロルピリホスは、現在使用が禁止されていますが、白アリに強い効果のある薬剤は、人間にも大きな影響があるとされているので、白アリ駆除剤に関しては注意が必要です。
床下の土壌に白アリ駆除剤を使用した場合、床下換気扇を使用しても、室内まで化学物質が上がってきてしまい、空気を汚染する場合があります。

この場合、土壌からの揮発する化学物質を吸着し、放散をふせぐために、珪藻土を敷いたり、炭を敷き詰めたりします。基礎部分にも防蟻剤が使用されている場合には、基礎部分にも化学物質の放散を防ぐために珪藻土などでカバーします。
さらに、床下から原因物質が上がってくるのを防ぐために、フローリングの下にも加工をしたり、大掛かりなリフォームが必要になる場合もあります。

●有機リン系殺虫剤の除染

有機リン剤というのはサリンやVXなどの神経剤のなかまです。神経剤の除染にはハイターなどの次亜塩素酸ナトリウムが有効です。それがなければ石鹸水などのアルカリ性のものなら有効ですし、水にもわずかながら同様の効果があります。ハイターまたは大量の水で除染。飲み込んだ場合は、吐かせないで活性炭を水に溶いたものを飲ませ、すぐに病院へ。

●カビやダニの場合

カビやダニの多くは、生活の中で発生してきます。例えばエアコンをつけた時、風がちょっと臭いと感じたら、それはカビの胞子が飛び散っている可能性があります。たかがカビと思われるかもしれませんが、カビの胞子を吸い続けていると、集中力の低下やアレルギー、からだがだるくなるなどの健康障害が起こることもあります。

また、からだに虫にさされたような痕がありかゆい時には、ソファやじゅうたん、畳、布団などにダニが発生している可能性があります。いずれもエアコンやソファ、じゅうたんなどの掃除が十分でないため、 また室内の風通しや換気がよくないために生じたものです

空気清浄機について
・活性炭フィルター
通常の活性炭フィルターでは、ホルムアルデヒドは除去できません。活性炭は多孔質で、その孔に様々なガスを物理吸着させる(性質は変えない)ことができます。 しかし、ホルムアルデヒドはガスの中でも粒子が小さく、活性炭の表面の孔に一時的に収まってもすぐに離れてしまいます。
・光触媒
酸化チタンの粉末を塗布した面に紫外線を照射して、ホルムアルデヒドを酸化させる方法です。金属酸化物触媒同様、最終的に二酸化炭素等に分解します。

●医療機関での治療
  • シックハウス症候群及び化学物質過敏症の治療。「 薬も化学物質ですから、安易に使うと体調悪化の恐れがありますが、解毒剤やビタミン剤だけでも良くなるケースも多いようです。過敏症が長引くと、うつ病や不安障害を合併する場合があり、少量の抗うつ薬や抗不安薬が劇的に過敏症を改善することもあるようです」専門医があまりいないので探すのも大変ですが、あまり重症になると病院に通うことも困難になります。環境改善とともに医療機関の受診も考慮する事をお勧めします。
  • 他の病気・歯科疾患の予防を。
  • 歯の治療に使われる金属の詰め物が過敏症の原因になることもありますので、医師と相談してください 化学物質過敏症の専門的診療が可能な医療機関リスト
  • 化学物質過敏症の第一人者 宮田幹夫 名誉教授は、北里研究所病院での診療を平成24年4月に終えられ、東京・荻窪のそよ風クリニックにて診療されています。

  • ●新築、購入、改築時には次のようなことをチェックしましょう
    • 汚染原因になる建材・薬剤を使わない、持ち込まない。
         ・できるだけ自然素材系の建材利用
         ・化学薬剤系の生活用品の利用を少なくする。
    • 窓は通風や換気を調節できるデザインになっていますか?
    • 高断熱・高気密住宅の場合、計画的な換気や恒常的換気装置が考慮されていますか?
    • 開口できる窓の面積は適切で、全ての部屋が自然換気できる構造になっていますか?あるいは、機械換気設備が備え付けられていますか?
    • 適切な場所(トイレ、キッチンスペース、浴室、洗面、洗濯機が置かれている場所等)に換気扇が取り付けられていますか?
    • 平屋根の住宅の場合、屋根と天井の間に換気できる空間が確保されていますか?
    • 床下換気は十分に確保されていますか?
    • ホルムアルデヒドが使用されている合板や接着剤、壁紙用の糊などが多用されていませんか?
    • 防蟻剤の使用は適切になされていますか?
    • キシレンやトルエン、エチルベンゼンなどの揮発性有機化学物質を使用した塗料や建材、施工材が多用されていませんか?
    • 住居の完成から入居までの間に充分に換気を行っていますか?

    ●リフォーム時には
    • リフォームの工事中は、居住しているところと工事しているところをしっかり分けましょう。(ドアに目張りするなどの工夫も。)
    • 外装のリフォームも行っている場合には、換気を行うと、外装材から放散される化学物質を室内に導入してしまう場合もあります。
    • リフォームした部屋は充分な乾燥期間をとってから使用しましょう。

  • <<シックハウス症候群とはへ

    シックハウス症候群・化学物質過敏症対策2へ>>