本文へスキップ

【業務用:家庭用】強力消臭剤G-マック:シックハウスやVOC対策・タバコ臭・ペット臭・介護/トイレ/キッチン/車内の悪臭を強力に消臭!         


シックハウス症候群と化学物質過敏症の対策


◆プロが愛用する確かな品質。
強力消臭剤G−マックG-MAQ)は,シックハウスの原因、ホルムアルデヒドなどの有害成分や悪臭の元を素早く、確実に除去。新築の家や家具、カーペット、新車の臭いを確実に消臭・浄化します。

シックハウス症候群・化学物質過敏症とは

シックハウス症候群

新築やリフォームした住宅に入居した人の、目がチカチカする、喉が痛い、めまいや吐き気、頭痛、不眠、などの「シックハウス症候群」が問題になっています。

その原因の一部は、建材や家具、日用品などから発散するホルムアルデヒドやVOC(トルエン、キシレンその他などの揮発性の有機化合物や喫煙、カビ・ダニによる汚染などが原因と考えられています。 「シックハウス症候群」についてはまだ解明されていない部分もありますが、化学物質の濃度の高い空間に長期間暮らしていると健康に有害な影響が出るおそれがあります。 化学物質過敏症の発症の原因(引き金)のうち、シックハウス症候群が占める割合は大きいです。
シックハウスイメージ

化学物質過敏症

最初にある程度の量の化学物質に暴露されるか、あるいは低濃度の化学物質に長期間ばく露されて、いったん過敏状態になると、その後極めて微量の同系統の化学物質に対しても過敏症状を来す人があり、 化学物質過敏症(CS)と呼ばれています。

たばこの煙り、香水のにおいや排気ガスなど、空気が汚れている所で、決まって体調が悪くなるとか、室内ではないのに体調が悪くなる(症状が悪化する)ことがあったりアレルギーが出てくる場合などがあります。 化学物質との因果関係や発生機序については未解明な部分が多く、今後の研究の進展が期待されています。

シックハウス症候群も広い意味での化学物質過敏症と言えます。化学物質過敏症(CS)は残念ながら、現在では有効な治療法がなく、 未だ正式な病名として厚生労働省に認定されておらず、診断・診察できる病院もドクターも限られており、発症すると日常生活の細部に至るまでかなり困難な状況に陥ってしまいます。

化学物質過敏症は発症し悪化すると、それ以前の体質に戻すことが困難な病気です。 発症の引き金になる化学物質が1種類でも、化学物質過敏症になると多くの化学物質に反応するようになります。 また、他のアレルギーを起こしたり、ストレスから様々な病気を併発することもあります。

シックハウス症候群から化学物質過敏症(CS)になるまでには、いくつかの過程がありますので、早めの予防と対策によってこの病気を未然に防ぐことが重要です。

脳への影響
子供たちの脳に影響を与える可能性のある化学物質が食品添加物に含まれている事に対する危惧が近年、精神科医やアレルギー専門家の間で高まっています。 食事の脂肪や砂糖、食品添加物を減らし、その代わりビタミンやミネラルを多くした食事に変える事で少年たちの凶暴性を抑えたとの報告もなされています。

アレルギー体質
アレルギー体質とは、細菌やウイルス等の外敵から体内に侵入した時に抵抗して外敵を排除しようとする働きを免疫といい、この免疫の過剰反応またはマイナス部分のみ症状で表れる事を指します。
東京都の調査によると「小学生の60%がアレルギー体質」と報告されています。
アレルギー疾患を引き起こす原因の一つに化学物質があり、アレルギーの進行により化学物質過敏症に発展する恐れがあります。

シックハウス症候群・化学物質過敏症の症状

 神経・全身症状

 頭痛、筋肉痛、関節痛、倦怠感、疲労感、脱力感
 微熱、寒気、めまい、しびれ、異常知覚、振戦、痙攣

 感覚器症状

 嗅覚異常、味覚異常、聴覚異常、幻覚
眼精疲労、ドライアイ、視力低下、ピント調節障害、眼球追従運動障害

 粘膜刺激症状

 目の刺激感、流涙、くしゃみ、鼻閉、咽頭痛

 皮膚症状

 湿疹、蕁麻疹、かゆみ、紅斑、アトピー性皮膚炎の悪化

呼吸器症状

 咳嗽、息苦しさ、息切れ、喘鳴、気管支喘息の悪化

 消化器症状

 腹痛、下痢、嘔吐、便秘

 精神症状

 抑うつ、不安、焦燥、不眠、思考力・記憶力・集中力の低下

 その他

 月経異常、月経困難症など

要因 :シックハウス症候群はなぜ起きるのでしょう?

  • 住宅に使用されている建材、家具、日用品などから様々な化学物質が発散。

  • 住宅の気密性が高くなった。

  • ライフスタイルが変化し、換気が不足しがち。

  • 化学物質等に対する感受性の個人差

化学物質とはどんなもの?どんな建材から発散してくるのでしょう?

厚生労働省と建設省は、特に早急な対策が必要な化学物質として以下の6種を選定しています。
揮発性化合物(VOC ) :ホルムアルデヒド、トルエン、キシレン 薬剤 :木材保存剤、可塑剤、防蟻剤

建材などに含まれる主な化学物質

 化学物質

 主な用途

 ホルムアルデヒド

 合板、壁紙などの接着剤※下記参照

 アセトアルデヒド

 防カビ剤、香料など※下記参照

 トルエン

 内装材、家具などの接着剤、塗料

 キシレン

 内装材、家具などの接着剤、塗料

 エチルベンゼン

 内装材、家具などの接着剤、塗料

 スチレン

 ポリスチレン樹脂、合成ゴムなど

 パラジクロロベンゼン

 トイレ用防臭剤・衣料用防虫剤

 テトラデカン

 塗料等の溶剤
灯油は主要な発生源となりうる

 クロルピリホス

 防アリ剤、農薬

 フェノブカルブ

 防シロアリ剤

 ダイアジノン

 殺虫剤成分

 フタル酸ジーn−ブチル

 塗料、顔料

 フタル酸ジー2−エチルヘキシル

 プラスチック可塑剤


●ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは、住宅においてしばしば発生する代表的な化学物質の一つです。発生源としては、建材、家具、暖房器具の使用、喫煙などがあります。 特に尿素−ホルムアルデヒド系接着剤として多く使用されており、合板・パーティクルボードの接着剤の原料、壁紙用接着剤の防腐剤としても利用されています。

*揮発性有機化合物 。 無色透明。刺激臭有り。 水に溶けやすい。
*危険性:目やのどの痛み、粘膜の炎症、皮膚炎 アレルゲン(抗原性)を持っているため、アレルギー症状を引き起こしやすい。 皮膚炎、気管支炎、ぜんそく、 アトピー性皮膚炎の原因にもなる。発ガン性有り。

●有機溶剤トルエン、キシレン

危険性: めまい、倦怠感、知覚異常、吐き気
妊娠初期に有機溶剤に曝露すると、 流産、低体重、悪阻(病的つわり)、早産の危険性が増すという報告も出ている。
溶剤はシンナーが原料。揮発しやすく、特有の臭い有り。
用途: 塗料、接着剤、合成樹脂、農薬、香料、甘味料、つや出し、防水加工など

●アセトアルデヒド

アセトアルデヒドは、他の化学物質の原料としての用途が多い物質です。また、自動車の排気ガスやたばこの煙にも含まれているほか、アルコールを飲んだ際には人の体内でも生成され、 二日酔いの原因と考えられている物質です。
アセトアルデヒドはシックハウス症候群との関連性が疑われていることから、厚生労働省ではアセトアルデヒドの室内空気濃度の指針値を0.048 mg/m3(0.03ppm)と定めています。

●木材保存剤(クレオソート、有機リン系殺虫剤、 ピレスロイド系殺虫剤)

危険性: 有機リン系は倦怠感、頭痛、めまい、動悸、吐き気など。
ピレスロイド系は頭痛、鼻炎など。
用途:土台に使われる木材の防腐、防虫、防カビのための薬剤。

●防蟻剤 (ぼうぎざい)

危険性: 有機リン系、 ピレスロイド系は木材保存剤と似た症状を発症する。
用途:シロアリの被害を防ぐための薬剤。